2012/3/25熊野シーカヤックマラソン参加

クール第 一回熊野シーカヤックマラソンに参加してきました。年度末の今の時期に開催とはチト?と思い聞いてみたら、熊野市開催で予算が付いていたが昨年秋は台風災 害等で、今日に至ったようです。何はともあれ熊野でのレースが開かれるのはうれしい限りです。開催場所は新鹿海水浴場で上級者コースはここから柱状節理で 有名な縦ヶ崎までの折り返し15kmです。昨年春、奇しくも同じ所を漕いでますが行きは良い好い帰りはゆれ揺れで、風が出るとチョット怖いとこです。今日 も時々突風みたいに吹いてます。

さて、昨夜は四季の里でまったりBBQなどで盛り上がり、多少の匂いが残っている状態の7時起床だ。朝食は女性陣2人で作っていただいた。なんとも贅沢な至れり尽くせりです。今回のセットアップをしてくれたオニヤンマさん、384さんに感謝です。
本日の写真もビンさんのをお借りしております
20120325_078

身支度を整えいざ出陣、新鹿の浜は一見静かです
20120325_086

スタート前のスナップ  皆、今日も元気に好い顔でーす

20120325_089

参加艇は上級者コース シングル艇x16 W艇x1
初級コース シングル艇x3 W艇x2
開会式と記念写真

IMGP3749 IMGP3751

 

本日の艇は自作2号改艇+自作ラダー。この時期3号艇で熊野灘を漕ぐにはチット自信がありませんので安全を期しての策だ。結果的にはこれがぴったりはまり強風揺れ揺れの中でヒヤリ感はまったくありませんでした。
20120325_098

スタート前の静けさ この頃はまだ風は弱かった!
20120325_099

船笛プップー いよいよ始まりました。10番目ぐらいの位置で湾出口の遊木戸崎を回ります。案の定、岬付近は追い風です。時折突風です。もう漕がな くてもサーフィン状態です。前方1艇沈しました。あおられたのでしょうか?並走艇がレスキューしてます。レースよりレスキュー第一ですので近づきます。帽 子が浮いてますがうまく拾えません。後ろからビンさんが来たので頼みます。普段でもうまく行かないのに風がきついとなおさらですね。おはずかしーい。そん な中パドルでラダー入れながら、これがサーフィンかとタカバシさんの後姿をお手本に折り返し点まできました。折り返しからは向かい風です。揖斐川で何度も 経験してますので一漕ぎひと漕ぎ進みます。自分のペースでゆっくりゆっくり漕ぐことで前へ進めます。これが人力で漕ぐカヤッカーの好きなとこでもありま す。今までシオンで何度もヒヤリとしてきましたが、今日はヒヤッとしたり恐怖を感じたこともありません。うむー、さすが自作2号改艇。いい仕上がりです。 今日は安心して漕げます。しかし、二木島湾を越したあたりから猛烈な風です。進みません。突風が来たときはパドルを突っ込んでバウが振られないようにそし て流されないようにします。風がチョット落ちたときに一気に漕ぎます。ものの10mも進みません。この繰り返しです。ビンさんはだいぶ先です。タカバシさ んは岩礁帯で待っててくれているのか遊んでるように見えます。さすがーです。私は必死です。緩めると風で押し戻されそうです。でも不思議と冷静です。前方 で一人岸沿いに戻され(戻ってる?)てるのを見て沈したと思い寄ってみたら沈してはいません。崖の風裏に退避するようです。私も手前からずーとそこに目を つけていて退避するならと思ってたので避難する事にしました。フゥー やっと一休みです。どうせなのでゴロタ石の浜に上がる事にしました。波はあるのです が幸い何とか上陸できました。これも昨年知床で新谷さんに教わった ”艇は石の上を抱えるな、ずり上げろ” です。休憩。こうなると戦意喪失ですのでレスキューしてもらいたいのですが連絡先を登録してません泣く。 一休みしているとビンさんも風に戻されたのか寄ってきました。ビンさんは上陸すと漁船に乗れないからと海上待機です。レスキュー艇が沖合いにきました。多 分タカバシさんや皆も乗っていると思いゼッケンを見せて電話の仕草をしても気が付いてぐません(泣き)。近くまで来てくれたのでビンさんリタイヤ。もう一 人の人はゴロタ石浜からうまく出艇できないようです。私が後ろを持ってタイミンク゛良く押し出します。私はうまく出艇出来ました。今日は落ち着いてます。 我ながら上手い!ヘヘ レスキュー艇に寄って行くとリタイヤですか?といわれリタイヤ宣言です。もう中止だと思っていたのですが・・中止にはなってないよ うです。漁船に上げるときも、この2号改艇はコクピットに横座りできるくらい安定してますので楽にはしごに乗り移れました。カヤックも上げれてほっと安 心。もう少し漕ぎたい気持ちも頭に過ぎりましたが多分タイムオーバーになるだろうからダメだろうなー・・・。 
 ゴロタ石浜  左下岸日影の境目に艇があります
hinan

11.6kmでリタイヤ 残念!!叫ぶ

漁船にはカヤック満載
20120325_117

結局レース結果、完走2艇のみ。特に2着の四至本さんはレスキューしながら完走です。すごいです
20120325_153

雑感

大会関係者は恐縮していましたが、個人的には大満足でした。理由はレスキューが待機している中で普段経験できない事ができたから。安全で安心して漕げる事はすばらしいー
多分今日は調子が良かったからかも・・

こんなレースがあってもいいかも 安全安心の体制なら・・・

大会関係者さま お疲れさまでした。 

熊野の神様 遊んでくれてありがとう 今度はお払いを受けてから来ます。

来年リベンジ!!

後学のために 当日の風記録は尾鷲で12時西6m/s,13時西北西7m/sでした。
(日本気象協会 http://tenki.jp) 等圧線が混んでいて風が強い事が窺える
tenkizu

カテゴリー: 優々艪漫 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。